2005年03月31日

Antonio Carlos Jobim / Composer

コンポーザー/ベスト・オブ・アントニオ・カルロス・ジョビン

ジョビンの歌は下手だ、下手だと云われますが、私には何処が下手なのかよくわかりません。私も音痴だからでしょうか?暖かみがあって、味わい深い歌だと思うのですが・・・確かにアルバム「Terra Brasilis」などは酔っ払いの鼻歌のように感じる曲も数曲あったりしますが・・・それもまた良し。

このアルバムは、ジョビンが60年代にワーナーに吹き込んだ曲がギッシリ28曲も収録されています。ジョビンの最初の一枚としては最適ではないかと思います。有名な「Wave」も勿論素晴らしいのですが、あちらは一曲を除いて(その一曲がまた素晴らしい)全てインストなので。

インストはインストでコンパクトにまとまっていて、洗練された響きが実に素晴らしいのですが。ドビュッシーやラヴェル、ガーシュウィンやサンバなんかのエッセンスを纏めて磨き上げた音楽、というような印象があります。理論的なことは、全く分からないのですが。

このCDは収録時間も長いし、休日の昼下がりに流していると、いい気分になれるかもしれません。
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Faure / Requiem

フォーレ:レクイエム

心が慰められ、この上ない安らぎを与えてくれる音楽。

私は無宗教のうえ、キリスト教に対する知識もまるでないのですが、私のような人間でもこの音楽を前にすると、その慈愛に満ちた穏やかな世界に言葉を失ってしまいます。

この純朴ともいえるような、祈りの音楽に抱擁されたまま眠り(普通の睡眠のことですよ!)につくのは、至上の体験といえるかもしれません。

レクイエムを子守唄にすることがどういうことなのかは分かりませんが、甘美な眠りへと誘ってくれる音楽だと思います。
posted by siesta at 00:00| Comment(16) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。