2005年05月02日

Joao Gilberto / Joao Voz E Violao

ジョアン 声とギター

コップ一杯の蒸留水。

そこに、一滴の○○(お酒、香水・・・)を。

或いは、官能的な静寂。

いつも、同じような言葉しかでてこない自分の語彙の少なさを嘆かわしく思っているのですが、このアルバムについては、いくら言葉を尽くしても、言葉を尽くせば尽くすほど、その音楽から離れていってしまうような気がします。

ジョアン・ジルベルトの囁くような歌声とギター。

夜、一人で聴きたい音楽です。
posted by siesta at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。