2005年07月26日

日本の音楽

日本の音楽

先日、Jazz Todayというフリーペーパーのインタビューで、アート・リンゼイが「学生時代に能楽に出会って、凄く魅了された。」と語っているのを読みました。

今まで、日本の伝統音楽について考えることなどなかったのですが、それを読んで以来「そういえば、どんな感じなんだろう?何も知らないぞ。」と、興味が膨らんできました。

そこで、日本の伝統音楽のオムニバスCDを入門用として買ってきました。そこに収録されていたのは


雅楽 - Court Music Of Japan

能楽囃子 - Music Of The Noh Theatre

尺八 - Music Of The Shakuhachi

筝曲 - Music Of The Koto

声明 - Japanese Buddhist Chant Of The Shin-gon Sect

文楽 - Music Of The Bunraku Theatre

奄美しまうた - Folk Song Of Amami

沖縄しまうた - Folk Song Of Okinawa

アイヌのうた - Song Of The Ainu


英語による説明(?)も面白いので書き写してみましたが、簡潔なぶん分かりやすい。(「Folk Song」というのは、アコースティック・ギターで弾き語っている・・・というのでは勿論なく、民謡のような音楽を指すときにも使われる言葉です。)

何の知識もなく空っぽの状態でこのCDを聴いたのですが、その格好よさにビックリしました。全く触れたことがないというわけではなく、これまでどこかで確かに耳にしたことのある世界なのですが。

雅楽は、ドローンミュージックとかミニマルミュージックと同じ文脈で聴くことができるのではないでしょうか?荘厳な美しさを感じます。これは厳密に構成された音楽なのでしょうか?ある音に呼応するように別の音が立ち上がってきて・・・新鮮な発見。ある種のトランスミュージックともいえそうです。声明は、インダストリアルミュージックと並べて聴けそう。能は音楽だけでも格好いいけれど、舞台も合わせて観た方がもっと楽しめるかな?尺八や琴はイメージ通り。水がちょろちょろと流れる音や、鹿威しの音が聞こえてきそうです。大変に風雅。琴と尺八の「春の海」(筝曲)はいつか音源が欲しいと思っていました。これでいつでもお正月気分に浸れます(?)。奄美、沖縄、アイヌの歌も、とても興味深い。

個人的に、こういう音楽に対しては学術的なイメージがあって、そういう堅苦しい接し方をするものであり、気軽に楽しめるようなものではない、というような先入観があったのですが、そういう思い込みは意味のないものである、と改めて思いました。

私は、ビル・ラズウェルやジャー・ウォブル、ブライアン・イーノというような人たちの音楽に対するスタンス(それ自体を目的とするのではなく、興味の赴くまま、結果としてジャンルの壁を越境しているような、「この音楽格好いいな、取り入れてみよう」というような、ある種のミーハー的感覚)が大好きなのですが、そのような姿勢は、真剣に学術的な面から研究を重ねている人から見たら、軽薄、或いはアレンジも通俗的に映ってしまうかもしれません。しかし、敬意を忘れてはいけないけれども、普段着のまま、部屋で純伝統音楽や、それらを取り入れた音楽をポップ・ミュージックと並べて聴くのは、何も悪いことではないし、自分には思いもよらなかった角度からの視点にビックリしたり、目から鱗が落ちたり、とても楽しく刺激的な体験であると思います。
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。