2005年08月20日

iPod shuffle

Apple iPod shuffle 512MB M9724J/A

先日、iPod Shuffleを購入してみました。

こんな小さくて軽いモノから音楽が聴こえてくるなんて、なんだか不思議な気分です。

今まで使ってきた携帯音楽プレーヤーの、リモコン部分から上だけになったような。

まず最初に、ジョアン・ジルベルトの「三月の水」を入れてみました。

以前から、このアルバムは音が良いと思っていました。オーディオ的な意味ではなく、音楽と音響がマッチしているというか。むしろ、エンジニアリングの教科書的な観点からは、あまり褒められたものではないのでは?と思います。

この感覚は、音質的にはCDよりも劣るであろうmp3に変換されても失われないだろうと常々考えていて、今回実際に試してみたわけですが、その通りでした。

イヤホンで聴くと、さらにその不思議な感覚(インナースペース感?)が強調されて、とても良い感じ。良い感じというか、一歩間違えたら「鬱」になってしまいそうな感じなのですが、このアルバムに関しては、その厳しさが良い。外に出て、雑踏や風がビュービュー吹きすさぶ中で聴くと、更に強調されるのではないか、と思います。

音質云々というよりも、音の配置の問題なのかな?とも思いますが、これはエンジニアを務めたウォルター(ウェンディ)・カルロスによるものも大きいのかもしれません。

反対に、イヤホンで聴くのにまったく適さないのが、同じジョアン・ジルベルトの「Ela E Carioca(彼女はカリオカ)」。このアルバムはどうしたことか、位相が逆になっているのかなにかで、スピーカーで聴いても非常に居心地が悪いことになっているのです。それをイヤホンで聴いたりしたら・・・ブルブル・・・

外観はチープだし、音質なども恐らくそれなりなのでしょうが、ちょっと面白いモノだな、と思いました。
posted by siesta at 00:00| Comment(24) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。