2005年03月31日

Antonio Carlos Jobim / Composer

コンポーザー/ベスト・オブ・アントニオ・カルロス・ジョビン

ジョビンの歌は下手だ、下手だと云われますが、私には何処が下手なのかよくわかりません。私も音痴だからでしょうか?暖かみがあって、味わい深い歌だと思うのですが・・・確かにアルバム「Terra Brasilis」などは酔っ払いの鼻歌のように感じる曲も数曲あったりしますが・・・それもまた良し。

このアルバムは、ジョビンが60年代にワーナーに吹き込んだ曲がギッシリ28曲も収録されています。ジョビンの最初の一枚としては最適ではないかと思います。有名な「Wave」も勿論素晴らしいのですが、あちらは一曲を除いて(その一曲がまた素晴らしい)全てインストなので。

インストはインストでコンパクトにまとまっていて、洗練された響きが実に素晴らしいのですが。ドビュッシーやラヴェル、ガーシュウィンやサンバなんかのエッセンスを纏めて磨き上げた音楽、というような印象があります。理論的なことは、全く分からないのですが。

このCDは収録時間も長いし、休日の昼下がりに流していると、いい気分になれるかもしれません。
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。