2005年04月06日

桜の樹の下には

そろそろ桜の季節です。普段気にすることもなく横を通り抜けていた枯木(のように見える木)が、明るい花をいっぱいに咲かせている姿には、思わず足を止めてしまいます。

所々穴があいていたりして、やせ細って黒ずんだ寂しげな木にも、脈々と流れているものがあり、一年に一度、美しい花を咲かせるとは、実にあっぱれ。。。

しかし、桜の花がとても美しいのは確かですし、みとれてしまうのですが、みているうちに胸騒ぎというか、だんだん落ち着かない気分になってくるような。

見知らぬ山で、一面見渡す限り満開の桜。一人、歩いても歩いても桜吹雪。。。なんて境遇に陥ったら、果たして正気を保ちつづけることができるでしょうか。

それはともかく、一年に一度のこの季節、酒盛りもいいけれど、一人静かに桜を見上げてみるのも乙なものです。夜の神社やお寺なんか、なかなか良いのではないでしょうか。押し花にするのも一興(それでは桜の意味がない?)。私も去年作ったのですが、どの本に挟んだのか忘れてしまって。。。

個人的には、散った後の葉桜もなかなか味わい深くて好きなのです。
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2805450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。