2005年04月20日

Brandon Ross / Costume

コスチューム

枯山水の庭園を思わせる・・・

枯れたギターの音が瑞々しく響き、空気に消える。

饒舌な音楽ではなく、意識によって抑制された音楽であると思います。思索の軌跡とでもいうか・・・その過程とでもいうか・・・確かな技術に裏打ちされた余裕も感じさせつつ・・・

うまい言葉が浮かびませんが、心地よく聴けるし、じっくり聴きこみたくもなるアルバムです。
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。