2005年06月04日

読書の周辺

読書をする人は沢山居ると思いますが、皆さん、自分なりのこだわり読書スタイルはありますか?私の場合は、まず作務衣に着替え、うがい手水に身を清め・・・というのは嘘。

いつも思うことは「こうすれば頭が澄み渡り、心も落ち着いて、次から次へと本を我がものにすることができる・・・」というスタイルはないものか・・・ということ。良いアイディアはないでしょうか・・・?貴方は、どのようなスタイルで本を読みますか??

私の場合は・・・最初はデスクに向かい、姿勢を正して本をひろげていることが多いのですが、いつのまにやら椅子を後ろの方までずらして、高さを一番低いところまで下げ、足をデスクの上に放り上げ、しかもずり落ちそうなところまで腰の位置をずらしているので、床に転落しないことの方に注意を傾ける余り、本の内容は一向に頭に入ってこない・・・或いは、床に転がって、とにかく何か高低差のあるものに足を引っ掛け、そのうえ身体をねじった状態でいるので、本を読もうにも居心地の悪さに頭は空転するばかり・・・という有様。

と、こんな馬鹿らしい話をしているのは、イタロ・カルヴィーノの「冬の夜ひとりの旅人が」という本を読み始めたところ、「本を読むのに理想的な姿勢というのはなかなか見つけにくいものだ」とあり、「足を高くしておくというのが読書を楽しむ第一条件だからだ」という文章に続いて「脚をのばして、クッションの上に、またはクッションを二つかさねにした上に、長いすの肘かけの上に、ソファーの腕に、ティー・テーブルの上に、書物机の上に、ピアノの上に、あるいは地球儀の上に、足をのせなさい。」と書いてあるのを発見し、意外と自分以外の人も読書の姿勢に苦労しているのだろうか・・・と思ったから・・・

「燭台は高きに置け」とバイブルに在るというのは、太宰治の小説で知ったことなのですが(確認はしていません)、「(読書をするときには)足は高きに置け」という教えを、今回カルヴィーノの小説で得ることが出来ました(私は正しかった?)。

もちろん、この本は延々とこんなことが書いてあるわけではなく、錯綜する断片的な物語と読書体験がリンクし、新しい読書感を得ることができる小説・・・なのだと思います。というのは、姿勢の探求に専念する余り、なかなか読み進むことが出来ないから・・・きっと、とても面白い小説に違いないのですが・・・

読書のお供として、飲み物を用意するのも良いかもしれません。ハーブティーなんかよさそうです。それとも、イギリスの作家には紅茶、フランスの作家にはカフェオレ、カルヴィーノはイタリアの作家なので、カプチーノが良いのでしょうか。

カプチーノといえば、伊藤園の缶コーヒーのカプチーノは、シナモンの風味が絶妙で大層お気に入りだったのに、最近見かけなくなってしまいました。製造中止なのでしょうか?とても悲しい。缶コーヒー特有の嫌な後味がなくて、すっきり美味しいお勧めの一品です(でした)。

また、本を読んでいると、お腹がすいてくるかもしれません。食べ物は、ゆでたカニとか、カレーうどんは避けたいところです。柿を剥いて一口サイズに切ったものに楊枝を刺したものでも準備して・・・

音楽はかけますか?何をかけましょう??静かめのクラシックなどを・・・ピアノ曲なんかいかがでしょう。

その前に、部屋が散らかっていると気が散って仕方がないので、まず部屋を片付けて・・・

時間を有効に使う為にも、洗濯機も廻しておきましょう・・・

ああ、洗濯が終わってしまった・・・干さなくては・・・

やっぱり、音が聞こえてくると本に集中できないので、耳栓をして・・・

ついでにアイマスクもして・・・

zzz・・・

このように読書とは、大変な難事業であることが改めて確認されました。


冬の夜ひとりの旅人が
冬の夜ひとりの旅人が
posted by siesta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 1923年10月15日 - 1985年9月19日)は、イタリア文学の小説家、SF作家、幻想文学作家、児童文学作家、文学者、評論家。20世紀イタリアの国民的作家とされる。.wikilis{font-s..
Weblog: 小説耽読倶楽部
Tracked: 2007-10-23 13:08


Excerpt: 1923年10月15日 - 1985年9月19日)は、イタリア文学の小説家、SF作家、幻想文学作家、児童文学作家、文学者、評論家。20世紀イタリアの国民的作家とされる。.wikilis{font-s..
Weblog: 小説耽読倶楽部
Tracked: 2008-02-02 09:56


Excerpt: 1923年10月15日 - 1985年9月19日)は、イタリア文学の小説家、SF作家、幻想文学作家、児童文学作家、文学者、評論家。20世紀イタリアの国民的作家とされる。.wikilis{font-s..
Weblog: 小説耽読倶楽部
Tracked: 2008-02-07 04:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。